ロービジョンの子供たちに魅力的なノートを届けたい

TOP > ライフスタイル > ロービジョンの子供たちに魅力的なノートを届けたい
ノートとペン

みなさん、こんにちは。オトイロでは何度か記事を書かせていただいています、伊敷政英(いしきまさひで)です。


このたび、ロービジョンの子供たちにも使いやすくて学校へ持っていきたくなるようなノート「KIMINOTE(きみのて)制作プロジェクト」を始めました。


今回はこのプロジェクトについてご紹介します。



日常生活に支障をきたすロービジョン

メガネやコンタクトレンズで矯正しても十分な視力を得られず、日常生活や学校・職場などで不便を感じる状態を「ロービジョン」と呼んでいます。


「視覚障害」というと、全く目が見えない全盲を想像する方が多いですが、実は日本の視覚障害者の6割以上は、少し視力があるロービジョンといわれています。



ロービジョンの見え方は一人一人異なる

ロービジョンの人の見え方には個人差がとても大きく、また一人のロービジョン者でも、天気や時間、室内の照明などによって見え方が変化します。 代表的な見え方としては、以下の4つがあります。



・像がぼやける

・まぶしい・暗い

・視野が狭い

・視野の一部が欠けている(中心が見えないなど)


ロービジョンの子どもたちは、こんな道具を使ってノートをとっています。



ルーペ
ルーペ

視力や見え方に応じて、倍率やLEDライトの有無、グリップの種類を選んでつかっています。



拡大読書器

拡大読書機

ルーペではよく見えないときや、細かい作業を行いたいときなどには拡大読書器を使っています。


書見台の上に本や書類を置くと、その上にあるモニター(写真は14インチの家庭用テレビです)に文字が拡大表示されます。

写真のように色を反転したり、まっすぐ1行読めるように余分なところを隠す機能などもあります。僕自身、現在この拡大読書器を使っています。



書見台つきの机

書見台つきの机

ロービジョンの場合、目を近づけて本やノートを見ます。すると姿勢が悪くなるので、このような天板が傾く机を使います。僕も小学生のころはこの机を使っていました。



ロービジョンの子供は普通のノートだと使えない

このように、ロービジョンの子供たちは、視力や見え方に応じてルーペや拡大読書器、書見台つきの机などを使い、さまざまな工夫をしていますが、それでも、学校や自宅でノートを使うときには、次のような不便があります


不便1:ノートの罫線が見えずはみ出したり、曲がってしまう

不便2:小学生の子供たちにも使ってもらえるようなかわいい・かっこいいデザインのノートがない


既存のロービジョン者向けノートがかわいいかどうかは、使う人の主観によるので何とも言えませんが、選択肢が限られていることが本質的な課題だと感じています。


そこで、罫線が見やすくてデザインもかわいい・かっこいい、学校へ持っていきたくなるようなノート「KIMINOTE(きみのて)」を作りたいと考えました。



「KIMINOTE(きみのて)」制作プロジェクト

KIMINOTE制作プロジェクトでは、ロービジョンの子供たちにも見やすいような、太い罫線と十分な大きさのマス目のノートをデザインします。


また表紙にも、かわいいイラストやきれいな写真を載せます。そして完成したKIMINOTEを、全国の盲学校や弱視学級へ届けます。子供たちや保護者の皆さん、先生方からいただいたフィードバックをもとに、さらに改善を続けていきます。


ご協力のお願い

ある日、小学校1年生のロービジョンの女の子のお母さんから、「ねえ、ロービジョン向けのノートでかわいいやつってないの?」 と聞かれました。


市販されているノートの罫線はよく見えなくて、ロービジョン者向けのノートを薦めてみたけれど、 「かわいくない。学校に持っていきたくない」とのこと。


みんなと違うノートを持っていくだけでも、彼女にとってはイヤなことなんだろうな。同じロービジョンとして気持ちはよくわかる。そしてそれがかわいくないとしたら… 選べることは豊かなこと。ロービジョンの子供たちに、ノートの選択肢を増やしたい。


そして将来、自らの手で世界を広げ、選択肢を増やしていけるようになってほしい。ノートを開く、世界を開く、KIMINOTEで。



KIMINOTE制作プロジェクトの詳細や最新情報は、以下のページでご覧いただけます。


KIMINOTE制作プロジェクト


趣旨にご賛同いただき、KIMINOTE制作プロジェクトへのご協力をお願いいたします。




伊敷政英(いしき まさひで)

フリーのアクセシビリティコンサルタント。

生まれつき弱視の視覚障害を持つ。 現在の視力は左右ともに0.01程度で、外出の際は白杖(はくじょう)をもって歩いている。 パソコンは画面拡大ソフトを用いて、画面を4倍程度に拡大して、さらに白黒反転して使用。 iPadも活用して、障害を持つ人の選択肢を増やすことを目的に日々活動している。


USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!

メールマガジン登録はコチラ

2014-04-03

つながる。オトイロメールマガジン

無料体験版はこちらから
音声読み上げ可能なウイルス対策ソフトESET無料体験版
ネットショッピングをサポートするサイトやツールを3つご紹介
2014-05-09
音声読み上げソフトの利用者が徐々に増え、視覚障害のある方でも、 ネットショッピングをする方が増えてきました。 今回は、音声読み上げソフトでもネットショッピングを楽しむ ネットショッピングのサポートツ…
続きを読む

【視覚障害者に朗報】音声版選挙公報 23都道府県が発行
2013-06-12
嬉しいニュースです。 今年の夏の参院選では、音声コード付きの選挙公報の利用が 拡大する見通しであることがわかりました。 これまで、点字版の選挙公報は全国の都道府県で発行されてきました。 しかし、…
続きを読む

ロービジョンを擬似的にシミュレートするGoogle Chromeアドオン 「NoCofee Vision Simulator」
2013-06-06
※意思と関係なく眼球が動く病気「眼振」を表現しています 視覚障害と聞いて、皆さんはどんな状況を想像されましたか? 多くの方が、白杖を使って生活をする全盲の方を想像されたのではないでしょうか。視覚障害…
続きを読む

ミロイロショップ
ページトップに戻る
Copyright © オトイロ 2013