視覚障害者のサイト閲覧に最低限必要なアクセシビリティ4つのポイント

TOP > オススメ記事 | ビジネス | ライフスタイル | 音声ブラウザ > 視覚障害者のサイト閲覧に最低限必要なアクセシビリティ4つのポイント
キーボード


今、世界中のほとんどの企業が、WEBサイトを持つ時代になり、
様々なWEBサイトやサービスが提供されています。


しかし、スクリーンリーダーを利用する視覚障害者にとって、
利用しやすい、WEBアクセシビリティに配慮されたサイトは決して多くありません。


今回は、ここだけ抑えておけば、視覚障害者がサイトを閲覧ができる
という最低限必要なポイントを4つまとめましたので、ご紹介します。


①img要素にalt属性で代替テキストを入れる

視覚障害者がスクリーンリーダーで読み上げる際、
障害になるのが、画像情報です。


画像情報に適切なテキストを挿入しておくことで、
視覚障害者でも適切な情報を得る事ができます。



ESET SMART SECURITY

オトイロで以前ご紹介したウイルス対策ソフト、ESET SMART SECURITYの販売ページは、WEBアクセシビリティに配慮されており、非常に使いやすくなっています。
赤い枠の部分は、「お得な価格のキャンペーン」と代替テキストが設定されており、スクリーンリーダーでも読み上げやすくなっています。


②フォームコントロールとラベルを関連づける

入力フォーム

視覚障害者が ECサイトを利用したり、WEBサービスに登録したりする際に、
第一の関門となるのが、入力フォームです。


フォーム(チェックボックスやラジオボタン、テキスト入力欄など)は、
操作の対象となる「コントロール」とコントロールが表す意味などを示す
「ラベル」から構成されています。


フォームのコントロールと、ラベルが関連づけられていないと、
視覚障害者がスクリーンリーダーで読み上げをした際に、
「どこに」「何を」入力するのかわかりません。


フォームのコントロールとラベルを関連づけ、「どこに」「何を」入力するかをわかるようにしてあげましょう。


③hover、visitedのコントラストを確保する

絵の具

背景色や文字の色など、コントラストを確保する上で
よく見落とされがちなのが、マウスオーバー時の「hover」と、訪問済みリンク「visited」の配色です。


一見コントラストが確保されているように見えても、
マウスポインタを合わせると見えなくなったり、一度クリックをしてページを見ると、
先ほどまで見えていたリンクが見えなくなってしまいます。


マウスオーバーや訪問済みリンクのコントラストも充分に確保するようにしましょう。


④文字サイズ、フォントを変更できるようにする

iPadを虫眼鏡で閲覧する女性

視覚障害は、症状によって、読みやすい文字の大きさは様々です。


弱視の方にとっては、文字の大きさが大きいと見やすくなりますが、
視野狭窄(視野の一部が見えない方)にとっては大きい文字は逆に見えづらくなります。


ですので、文字のサイズは、ユーザー自身が変更できるようにしておくことが大切です。



いかがでしたでしょうか。


WEBアクセシビリティは今や、IT企業の方だけの話ではありません。


サービスを提供する側が、あるいは、利用する視覚障害者自身が、
誰もが考えるべき当たり前の事柄に変化しています。


すべての人たちが、一歩ずつ、歩み寄ることができたら、
誰もが平等に、欲しい情報を欲しいときに、自ら得ることができます。


今回の記事が、より多くの方に届くことを祈ります。

2013-08-09

つながる。オトイロメールマガジン

無料体験版はこちらから
音声読み上げ可能なウイルス対策ソフトESET無料体験版
ネットショッピングをサポートするサイトやツールを3つご紹介
2014-05-09
音声読み上げソフトの利用者が徐々に増え、視覚障害のある方でも、 ネットショッピングをする方が増えてきました。 今回は、音声読み上げソフトでもネットショッピングを楽しむ ネットショッピングのサポートツ…
続きを読む

【視覚障害者に朗報】音声版選挙公報 23都道府県が発行
2013-06-12
嬉しいニュースです。 今年の夏の参院選では、音声コード付きの選挙公報の利用が 拡大する見通しであることがわかりました。 これまで、点字版の選挙公報は全国の都道府県で発行されてきました。 しかし、…
続きを読む

ロービジョンを擬似的にシミュレートするGoogle Chromeアドオン 「NoCofee Vision Simulator」
2013-06-06
※意思と関係なく眼球が動く病気「眼振」を表現しています 視覚障害と聞いて、皆さんはどんな状況を想像されましたか? 多くの方が、白杖を使って生活をする全盲の方を想像されたのではないでしょうか。視覚障害…
続きを読む

ミロイロショップ
ページトップに戻る
Copyright © オトイロ 2013