ロービジョンを擬似的にシミュレートするGoogle Chromeアドオン 「NoCofee Vision Simulator」

TOP > WEBサービス | エンタメ | オススメ記事 | 面白ニュース > ロービジョンを擬似的にシミュレートするGoogle Chromeアドオン 「NoCofee Vision Simulator」

※意思と関係なく眼球が動く病気「眼振」を表現しています


視覚障害と聞いて、皆さんはどんな状況を想像されましたか?
多くの方が、白杖を使って生活をする全盲の方を想像されたのではないでしょうか。視覚障害と聞くと、全ての人が目が見えないと考えられがちですが、
視覚障害には様々な種類があります。


その中のひとつに、視覚障害者の中の6割以上を占める「ロービジョン」があります。


原因や症状によって見え方は様々で、拡大すれば見える方や、視野狭窄など視界が一部削り取られて見える方、
あるいは、光を感じることはできるが、はっきりと見る事ができない方など、見え方は多岐にわたります。


本日は、そんな多岐にわたる見え方を、擬似的にシミュレートできる
Google Cromeの拡張機能「NoCofee Vision Simulator」をご紹介します。
まずはChromeウェブストアから、「NoCofee Vision Simulator」を追加します。


Chromeウェブストア


■使い方

設定画面


使い方は非常に簡単で、各項目のスライダを動かすことで、
見え方の度合いを調整することができます。


各項目とその意味は下記の通りです。


Blur(low acuity):ぼやけて見える度合い

Contrast loss:暗く見える度合い

Glare:まぶしく見える(光を敏感に感じすぎる)度合い

Ghosting:2重に見えてぶれる度合い

Cloudiness:飛蚊症(雲のようなものが浮いて見える病気)の度合い

Flutter:(nystigmatism):眼振(視界が揺れる)の度合い

Color deficiency:色覚特性 (P型、D型、T型、A型) による見え方

Blacked visual field:視野狭窄とその度合い

※下のStrength/sizeで度合いを調節することができます。


ぼやけて見えづらい
ぼやけて見づらい


飛蚊症

飛蚊症

(糸くずや雲のようなものが浮いて見える病気)



視野狭窄
視野狭窄

視野狭窄

同じ視野狭窄でも、見え方は様々


同じ視野狭窄でも、見え方の種類や度合いを調整できたり、
色覚障害までシミュレーションできるのも嬉しい所ですね。

無料の拡張機能ではありますが、
あらゆる視覚障害の見え方をシミュレーションできるので、非常に優秀な機能です。


視覚障害者にも配慮をしたいけど、どうしたら良いかわからない…。
そんな方は、是非一度、この拡張機能を利用して、視覚障害者の目線を体験してみてはいかがでしょうか。

2013-06-06

つながる。オトイロメールマガジン

無料体験版はこちらから
音声読み上げ可能なウイルス対策ソフトESET無料体験版
ネットショッピングをサポートするサイトやツールを3つご紹介
2014-05-09
音声読み上げソフトの利用者が徐々に増え、視覚障害のある方でも、 ネットショッピングをする方が増えてきました。 今回は、音声読み上げソフトでもネットショッピングを楽しむ ネットショッピングのサポートツ…
続きを読む

【視覚障害者に朗報】音声版選挙公報 23都道府県が発行
2013-06-12
嬉しいニュースです。 今年の夏の参院選では、音声コード付きの選挙公報の利用が 拡大する見通しであることがわかりました。 これまで、点字版の選挙公報は全国の都道府県で発行されてきました。 しかし、…
続きを読む

ロービジョンを擬似的にシミュレートするGoogle Chromeアドオン 「NoCofee Vision Simulator」
2013-06-06
※意思と関係なく眼球が動く病気「眼振」を表現しています 視覚障害と聞いて、皆さんはどんな状況を想像されましたか? 多くの方が、白杖を使って生活をする全盲の方を想像されたのではないでしょうか。視覚障害…
続きを読む

ミロイロショップ
ページトップに戻る
Copyright © オトイロ 2013