iOS & Andoroidモバイルスクリーンリーダーの現状2014

TOP > スマホアプリ | 音声ブラウザ > iOS & Andoroidモバイルスクリーンリーダーの現状2014
img

今月iphone6の発表と共にiOS8の発表がありました。
このiphone6は、現在iphoneシリーズ最大の売り上げ台数を記録し、初回出荷台数が6800万台に上りました。

また、iphoneはスクリーンリーダーである「VoiceOver」の機能により視覚障害者ユーザーにも使いやすい配慮が施されています。この機能をきっかけに、視覚障害者のスマートフォンユーザーも徐々に増えています。
そんなiOSに対してAndoroidのスクリーンリーダーは標準で日本語読み上げに対応していませんでした。
標準の読み上げエンジンである「googleテキスト読み上げ」は日本語に未対応であったため、他社の読み上げエンジンを導入する必要があり、敷居の高さが課題となっていました。

スクリーンリーダー性能向上で追い上げるAndoroid
しかし今月、9月11日、Andoroidoの標準読み上げエンジン「googleテキスト読み上げ」が、ついに日本語に対応しました。Andoroid4.0以上で導入できます。
これによってAndoroidのスクリーンリーダー導入の敷居は低くなりました。
しかし、実際に使った際の使い勝手や、対応度、使用感が気になる方も多いと思います。
ユーザーそれぞれに、「こんな風に使いたい」という理想のインターフェースなども少しずつ異なるでしょう。

人気アプリからスクリーンリーダー対応度をチェック
そこで、今回は各種アプリをもとにiOS、Andoroidでの読み上げ機能に関する特徴をまとめました。
今使っているモバイル端末に不満がある方、もっと楽に使いたいという方は、この機会に自分に合ったモバイル端末について考えてみてはいかがでしょうか。

今回は比較に下記のタブレットを利用しました。
iOS : iPad 3G iOS ver 7.1.2 
Andoroid : ASUS MEMO PAD Andoroid ver 4.4.2
また今回利用したアプリにはiOS、Andoroid両OSに対応し、アプリストアでも人気のSNS、ニュース、時刻表アプリなど、ユーザー数が高いアプリから選択しました。
 

iOS:Facebook
ios facebook
世界的に利用されているアプリだけあって、読み上げには問題ありません。 上部のメニューとは別に必要に応じて左側にメインメニューを表示できるUIなど、ユーザーに合わせた選択肢を提供する配慮がされています。

Andoroid:Facebook
and-facebook
iOSとほとんど変わらないンターフェースが構築されていました。使い勝手もiOSとほとんど変わらず、Andoroidへの乗り換えユーザーに対しても配慮がされています。しかしiOSとの違いとして、ニュースフィードをコンテナごとに読み上げることができず、段落ごと読み上げるため操作が複雑になります。

iOS:Twitter
ios twitter
一覧画面では、アカウント名とツイート内容が読み上げられます。ダブルタップで詳細を表示させると、細かな情報の読み上げを行うことができます。素早く認識できる方法と、詳細を確認する方法を分けているため、ユーザーへの選択肢が提供されています。

Andoroid:Twitter
and-twitter
こちらもfacebook同様。iOSとのインターフェースの差は少なく、ユーザーの混乱を最小限に抑えています。読み上げ内容も、ダブルタップで詳細情報を表示する操作など、iOS同様の使い勝手を提供しています。

iOS:Yahoo ニュース
ios yahoonews
縦に並ぶ長いメニューをひたすら読み上げた後に、個々のニュースタイトルにたどり着きます。しかし、大半のニュースに対しては、タイトルが読まれず、日付がだけが読み上げられるため、現状ではスクーンリーダーには対応していない状態と言えます。

Andoroid:Yahoo ニュース
and-yhaoo news
Android iOSのVoiceOverがタイトルを読むことができなかったのに対して、Andoroidでは、タイトルの読み上げが正しくされます。続きの内容もしっかり利用できるため、安心して利用できます。

iOS:SmartNews
ios news
こちらのニュースアプリも、通常時のインターフェースが優れているため人気である反面、記事のタイトルが読み上げられません。現状ではスクーンリーダーには対応していない状態と言えます。

Android:SmartNews
and-news
iOS版同様。記事のタイトルが読み上げされないため、現状ではスクーンリーダーには対応していない状態と言えます。

iOS:乗り換えナビ
ios norikae
検索ボックスをタップで探った場合も、すぐに検索ボックスに到達するため利用しやすい構造です。その反面、検索結果の情報がまとめられていないため、快適には利用することができません。

Android:乗り換えナビ
and-navitime
起動時のポップアップ画面が読み上げられず、解除もTalkBack利用時にはできないため、アプリの使用は不可能な状態です。

iOS:乗換案内
ios navitime
出発駅、到着駅の検索ボックスをタップで探っても、到達することができないため、現状ではスクーンリーダーには対応していない状態と言えます。

Android:乗換案内
and-norikae
iOSで利用が難しかったアプリですが、その反面、こちらは検索ボックスをタップで探る場合も、すぐに到達するため利用しやすい状態です。しかし検索結果の画面は複雑であるため、理解するのは難しです。

いかがでしたか? OSが変化しても、変わらない使用感を提供するアプリや、まったく異なるアプリなど様々です。 また、実際に使わないと判断できない部分もあるかと思います。 今回の紹介を通してモバイル端末の更なる利便性対して興味を持った方は、モバイルショップで実際に試してみましょう。 今後もオトイロでは視覚障害者の「使いやすい」を作り上げることができる役立つ情報を発信していきます。

2014-09-30

つながる。オトイロメールマガジン

無料体験版はこちらから
音声読み上げ可能なウイルス対策ソフトESET無料体験版
ネットショッピングをサポートするサイトやツールを3つご紹介
2014-05-09
音声読み上げソフトの利用者が徐々に増え、視覚障害のある方でも、 ネットショッピングをする方が増えてきました。 今回は、音声読み上げソフトでもネットショッピングを楽しむ ネットショッピングのサポートツ…
続きを読む

【視覚障害者に朗報】音声版選挙公報 23都道府県が発行
2013-06-12
嬉しいニュースです。 今年の夏の参院選では、音声コード付きの選挙公報の利用が 拡大する見通しであることがわかりました。 これまで、点字版の選挙公報は全国の都道府県で発行されてきました。 しかし、…
続きを読む

ロービジョンを擬似的にシミュレートするGoogle Chromeアドオン 「NoCofee Vision Simulator」
2013-06-06
※意思と関係なく眼球が動く病気「眼振」を表現しています 視覚障害と聞いて、皆さんはどんな状況を想像されましたか? 多くの方が、白杖を使って生活をする全盲の方を想像されたのではないでしょうか。視覚障害…
続きを読む

ミロイロショップ
ページトップに戻る
Copyright © オトイロ 2013